大黒柱妻が中国留学を目指すブログ

【大幅メンテナンス中…】病気の夫とゆったり過ごすのが幸せ。おいしいご飯と中国が好き。気長に夢をかなえたい,まんまる桜のブログです。

未練はなるべく抱えたくない。世間体を恐れずに。

あけましておめでとうございます。

きのう何食べた?」をイッキ見しながら書いています,まんまる桜です。

 

さて,ブログタイトルにある「中国留学」について,まだほとんど触れていませんでした。しかし,その前に私の「未練」について語らせてください

1.未練とは

諦めきれないこと。
ネットで検索すると,恋愛関係の記事がたくさん出てきます・・・
残念ながら,私は未練の残る恋愛はしないタイプです。結構あっさりしてます。

いや,それはさておき。

2.人生における未練

みなさん,今までしてきたことに未練ってないですか?

「もっと○○をやっておけばよかった」「○○を続けていたら,どうなっていただろう」など。

辞める時にちゃんと考えて,納得した上で辞めていれば未練はあまりないと思うんです。私は大人になってから,職(学校)を転々としましたが,この点においては未練はまったくありません。精神的にも物理的にも無理だったので諦めがつきやすかったです。

私は未練が残るものが2つあります。

それは,水泳陸上競技です。

3.水泳

水泳は小学生のときのことです。当時,うちの地元では,高学年は強制参加する放課後クラブのようなものがありました。プロのコーチがいたわけではなく,学校の先生が決めたメニューをこなすだけでしたが,めきめきとタイムが上がり,地区大会(田舎の小さな小学校5校くらい)で自由形1位をとったこともありました。

f:id:manmaru_sakura:20200209123346p:plain

そして県大会に進むことになりました。

結果は下から2番目

あれっ?

結果を見た母親の反応もしっかり覚えています。「なんやぁ~」と言われました。(なんだぁ~。たいしたことないじゃん的なニュアンス)

母の言葉を聞いて,「水泳,やっても意味がないんだ」と感じました。

でも,私は泳ぐことが好きでした。(社会人になってからも何度かプールのあるジムに行きましたが,今は全然行ってないです。)50mクロールが得意で,腕と脚が疲れ切るんだけど,25mでターンをしてそれを乗り越える(限界を越える!)感じが快感でした。(ドMですね。)先生にも「後半に強い」って言われていました。

 中学校に水泳部はありませんでしたが,地域のプールは解放されていたし,習い事のスイミングスクールもあったのに,私は続けようとしませんでした。高校では水泳部がありましたが入部しませんでした。

未熟な子どもだったということもありますし,女はおとなしいのがよいという価値観のあった地域柄もあるかもしれません。

「やりたいことをやる,好きなことをやってもよい」

という意識がまったくありませんでした。

4.陸上競技

陸上の何の種目をやっていたかは,競技人口が少ないので伏せますが,そこそこ頑張っていました。しかし,精神的なスランプに陥ります。

「跳ぶのが怖い・・・タイミングが合わない・・・というか,どんなタイミングで跳んでいたっけ・・・思い出せない・・・」とかなんとか考えて,踏み切ることすらできなくなりました。下手に跳んで記録が低くなるよりも,踏み切りをせず「記録なし」となる方がマシだと考えるようになります。

この頃の私は,

「失敗すること」「停滞すること」に慣れていませんでした

下の学年に負けるなんて恥ずかしい記録が出ないならやっても無駄と思っていました。周りの目,世間体もすごく気にしていました

もう番組は終了してしまいましたが,「消えた天才」という番組はご存じでしょうか。挫折を味わうことについて向き合った番組だったと思います。結構好きで見ていましたが,もっと若いころに,この番組に出会いたかったです。

スポーツは「下の学年に負けた・・・」なんてことに縛られながらやるもんではないですよね。

5.まとめ

 「好きなことをしなかった」「失敗(世間体)を恐れた」ことは,私の未練になっています。今回はスポーツ関連の例ばかりでしたが,特にスポーツはその一瞬一瞬が大切です。もうあの頃の体力や機会は戻ってきません。もちろんスポーツ以外のことも同じです。未練はなるべく抱えたくありません。

6.おまけ①

運動神経が良かった時期もあったのですが,それは大昔の話です。体重は今より20kgくらい軽かったです。本当に。今は何もないところで捻挫するくらいですから,嘘みたいな話です。
www.manmaru-sakura.com

7.おまけ②

私が地元を離れた理由は,少なからずこの未練が関係しています。周りを気にせず,したいことをするためには,私は地元を離れなければなりませんでした。

 

以上です。ありがとうございました。(^^)