大黒柱妻が中国留学を目指すブログ

【大幅メンテナンス中…】病気の夫とゆったり過ごすのが幸せ。おいしいご飯と中国が好き。気長に夢をかなえたい,まんまる桜のブログです。

中国といえば,天安門。

こんにちは,まんまる桜です。

昨日は,会社の同僚と食事会(しゃぶしゃぶ食べ放題)でございました。
男性5人,女性1人。(○○市に住む30代~50代の既婚者たちというくくり。)
気楽でした。

それでは,【こんなときこそ中国♡】シリーズです。

f:id:manmaru_sakura:20200215010733j:plain

MOON CHILD さんによる写真ACからの写真

中国といえば,天安門をイメージする方も多いのではないでしょうか。

私も観光で行きました(2007年)。しかし・・・

f:id:manmaru_sakura:20200215011101j:plain

私が見にいった時は,工事中でした。(中には入れましたよ。)
工事中でも,毛沢東の肖像画は隠さないのですね。(*'▽')b

 

 

1.明の時代に建設。

天安門は「紫禁城(故宮)」の門です。
紫禁城は,明と清の時代の皇帝の住まいでした。

私は日本史の方が得意なので,日本の時代区分に置き換えて想像します。
明は室町時代の頃,清は江戸時代の頃ですよ♪

ラストエンペラー(清代最後の皇帝である溥儀)もここで過ごしていますね。

天安門は,戦火で焼失したこともあり,再建を繰り返し,1970年に大規模な再建があって,現在の姿になっています。

昔の歴史的な雰囲気を残しつつ,キレイに建て直すのは難しそうですね。

f:id:manmaru_sakura:20200215115303j:plain
f:id:manmaru_sakura:20200215115325j:plain

中も人でいっぱいでした。

2.中華人民共和国の成立を宣言。

なぜ肖像画が毛沢東なのでしょうか?

というか,肖像画なんですよね。写真ではないのです。毎年,かけ変えているらしいですよ。絵のタッチも数回変わっています。

f:id:manmaru_sakura:20200215120206j:plain

では,本題に。

1949年,毛沢東がここで中華人民共和国の成立を宣言しました。

毛沢東は,中華人民共和国の建国の父なんですよね。

それに至るには長い長い戦いがありました。
日本との戦争(1931年満州事変~1945年日中戦争終結)。

f:id:manmaru_sakura:20200215152931j:plain

  満州事変の記念館。(九・一八歴史博物館)

日本との戦争が終わったと思えば,共産党(毛沢東)と国民党(蔣介石)との内戦(1946年から全面内戦)。

それを乗り越えて平和な国が建国されたというストーリーがあります。

3.次回へ続く・・・

次回,天安門(天安門広場)で起きた事件を取り上げます。

 

以上です。ありがとうございます。(^^)